分譲住宅の決め手|住みやすさを考慮することが大切

湘南古都に家を建てるなら

模型

高所を狙うことで

鎌倉には海も山もあって豊かな自然に恵まれている上、歴史ある素晴らしい建物やおしゃれなショップなどもたくさんあり、魅力あふれる街として人気を集めています。そんな鎌倉に憧れる人も多く、交通アクセスも良いことから都心からの移住先としても脚光を集めており、鎌倉に一戸建て住宅を建設して住みたいと望むケースも目立ちます。ただし鎌倉に新たな一戸建て住宅を建てるとなると、まず駅前付近や海のあたりは人気が集中し、ショップなども多いので売られる土地も限られてきます。それゆえにかなり価格も高騰しており、なかなか手が届きにくいといったことが一般的です。さらに美しい街並を守るためにも区画整理などは実施されていないため、住宅街なども限られていますし建築基準などのルールもあります。それゆえに一戸建て住宅の建築にはハードルが高いのが現実ですが、駅前や海付近でない土地ならば、価格もそれほど高いというわけではなく、競争率が激しいというわけではありません。もっともそういった土地は、基本的に山側であるケースが多く、坂道や階段といったものを利用しなくてはいけなかったりしますが、そういった斜面や高台に一戸建て住宅を建設すれば、コスト面では明らかにメリットがあります。さらに自動車や自転車などがあればそんなに苦労せずに駅前まで移動可能ですし、なによりもそういったところの魅力として、高い場所から毎日美しい景色を眺めて堪能できるというメリットがあります。