ロゴ

美容皮膚科クリニックを厳選!安心してほくろ除去するために

美容整形での悩み

美容を心掛ける女性であれば、美容整形に一度は通ってみたいと思うはずです。しかし、保健診療が対応できない、自由診療のところが多いなど、こういった話はよく聞きます。美容整形に通う前に今一度、保健診療と自由診療の違いを比較してみましょう。

保健診療と自由診療のメリット

保健診療のメリット

保健診療は健康保険が適用される治療のことで、自己負担額が1/3に抑えられるということが最大の利点でしょう。また、保健診療なら全国各地にあるどのクリニックによっても一律の料金設定がされているので、費用計算も楽に行えます。

自由診療のメリット

一方、自由診療は健康保険が適用されない治療なので、治療にかかる費用は全て自己負担する必要があります。その代わりに、美容効果が高い最新治療を受けられたり、美しい仕上がりに期待できたりとメリットも沢山あります。

ほくろ除去治療の種類

ほくろ除去治療においては、メラニン色素に反応するレーザーを使用した方法や電気メスによるくり抜き法、切除縫合法など、様々な治療方法があります。その治療方法の種類をこれからランキング形式で発表します。

ほくろ除去でオススメな治療ベスト3

レディ
no.1

レーザー治療

ほくろ除去治療でも最先端な治療方法が、レーザー治療になります。レーザー治療は皮膚の黒ずみであるメラニン色素を完全に破壊することができます。また、肌を外科手術で傷つけないので、綺麗な肌を保てます。

no.2

切除縫合法

切除縫合法は電子メスを使用してほくろを切除し、その後縫合して抜糸するという一番スタンダードなほくろ治療です。この方法は汎用性が高く、ほくろの大きさによって最適な切除方法に切り替えることができます。

no.3

くり抜き法

くり抜き法は医療用のパンチのような特殊道具、メスなどを使用してほくろを円形にくり抜き、周囲を縫い縮める方法になります。この方法は、約5㎜~6㎜以内のほくろを対象としています。

ほくろ除去は美容皮膚科で!クリニックの選び方とは

カウンセリング

信頼できることが大前提

美容皮膚科と一口にいっても、全国各地に沢山あり、どの美容皮膚科を選んでいいかわからないという方もはずです。そんな方々は、まずはホームページの情報を見ておくといいでしょう。ホームページにはそのクリニックに在籍している医師のスキルや技術、症例などが詳しく記載されています。大阪や名古屋でほくろ除去を検討しているなら、これらの情報を活かして美容皮膚科を厳選するといいでしょう。

カウンセリングを重視してくれるか

また、ほくろ除去をはじめ、美容皮膚科で施術を受ける際にはカウンセリングを重視してくれるかもチェックしておきましょう。カウンセリングを重視してくれる美容皮膚科は患者の希望・要望通りにしようという心構えが見てとれます。そのため、満足できる結果を残しやすいのです。一方で、あまりカウンセリングに時間を割いてくれない美容皮膚科は失敗するリスクも高いので、注意しておきましょう。

料金設定は比較的に安価であるか

美容皮膚科は自由診療での施術が一般的です。つまり、トータルでの費用がかなりかかることも多いのです。そのため、美容皮膚科を選ぶ際には、料金設定が安価であるということも大切なポイントです。料金の目安も実績と同様にクリニックの方がに記載されているので、ほくろ除去を受ける前に確認することをオススメします。

サポート体制も充実しているか

施術後のことも考えた上で、アフターケアやメンテナンスといったサポート体制が充実している美容皮膚科を選ぶことをオススメします。やはりサポート体制が充実していることで施術の安全度が違いますし、何より万が一のトラブルの際にも安心できます。自分自身の身体を守るという意味でも、サポート体制の充実さは大事です。

ドクター
看護師
相談

ほくろ除去に関するQ&A

婦人

ほくろ治療に痛みはありますか?

ほくろ治療では最初のうちに局所麻酔を行ないますので、手術中に痛みを感じることはありません。痛みといえば、麻酔時の注射ぐらいでしょう。

当日すぐにほくろを取ることができる?

どのクリニックにおいても、当日すぐにほくろを取ってくれるはずです。しかし、不安なら事前に当日で終了するのかを聞いておくといいでしょう。

一度に複数のほくろを取ることができる?

一度に複数のほくろを取れるかはクリニックによって異なります。そのため、複数のほくろで悩んでいる場合には、クリニックに相談することをオススメします。

ほくろを除去する時間はどれぐらい?

小さいほくろであれば、数分程度で除去することが可能です。しかし、大きいほくろなら10分間以上かかる場合もあります。

広告募集中